「モットン」は硬さが選べる?

「モットン」では、硬さを選べるのを知っていますか?

通常、マットレスは硬さが決まっており、ハマる人にはちょうどいい硬さで、腰痛改善効果等は絶大だったりするのですが、一方体が軽い人や重い人にとっては硬さが合わず十分にそのマットレスの効果を受けることが難しくなります。

この問題を解決すべく

100N(ニュートン)

140N

170N

この3種類から選ぶことができるんです。

N(ニュートン)って何?

Nとは、マットレスの硬さ(反発力)を表す単位です。

数値が高いほど硬い(反発力が大きい)

数値が低いほど柔らかい(反発力が小さい)

このように判断すればよいでしょう。

 

どの硬さを選ぶと1番効果が出る?

「モットン」では、体重が

45kg以下           100N

46kg〜80kg     140N

81kg以上                 170N

これが1つの目安として推奨されています。

体重別体圧測定データはこちら(公式サイト引用)

 

ちょうど45kgの人は100N?140N?

ちょうど80kgの人は140N?170N?

このように対象範囲ギリギリの体重の人はどちらがいいのか悩まれるかもしれません。

 

そこでもう少し掘り下げて考えてみます。

 

ここで重要なのは体圧のかかり方に関係するのは体重だけではないということです。

実は身長も体圧のかかり方に影響するのです。

身長が高ければ、マットレスに体が接する面積が大きくなるためかかる圧は軽くなり、身長が低ければ、マットレスに体が接する面積が小さくなるためかかる圧は重くなります。

 

例えば…

①身長185cm、体重80kgの成人男性

②身長160cm、体重80kgの成人男性

                 

を比べた場合。

同じ80kgで、推奨の目安だとどちらも140Nとなります。

①の男性は身長が高く、体圧は標準なので、140Nで問題ないでしょう。

しかし、②の男性は身長が低く、体圧が重くなるので、170Nの方を選んだ方がいいのです。

 

ダブルサイズで2人で寝るときは硬さはどう選ぶ?

体重、体型が違う2人(夫婦、親子など)が同じマットレスに寝るときはどちらに合わせて硬さを選べばいいのでしょう?

このような場合は、体重の重い方に合わせて硬さを選ぶことをおすすめします。

なぜかというと、軽い方に合わせると重い方にとっては沈みすぎて寝心地が悪くなってしまうからです。「モットン」は腰痛を改善することに意義があるので、体が沈みすぎて腰が痛くなったりしては意味がありません。

また夫婦で寝る場合で、もし奥さんが妊娠したりすると体重が10kg近く増えたりするので、先を見据えて固めを選ぶ方が失敗しなくてすむでしょう。

 

このように細かい所を考慮して硬さを選ぶとより失敗せずに自分に合ったものが選べると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です